Web Analytics Made Easy - StatCounter

Yukino子育てブログ

~プチプラベビーアイテム大好きなママのブログ~

【バースデイ】フタフタのくまアイテム一覧を作ってみた!再販の参考に。
【100均】ミッフィーアイテム一覧を作りました!楽天で購入できるアイテムあり!
【ダイソー】哺乳瓶を洗うのが楽になる便利アイテム3選!
【スリコ】500円の小さいビニールプール。赤ちゃんでも楽しめるのでおすすめ!

妊娠出産に関わる自己負担額っていくらだった?さいたま市・総合病院のケース【体験談】

スポンサーリンク

f:id:lemonty39:20210327092019p:image

今回は、埼玉県で出産した私の「妊娠・出産に関する自己負担額合計」をまとめました

産院や自治体によって自己負担額は変わると思いますが、私も妊娠中に費用が気になったので、これから出産される方の参考になれば嬉しいです。

自治体からの助成券を利用後の自己負担額をまとめております!

 

妊娠・出産に関する自己負担額合計

埼玉県の総合病院にて一般的な妊婦健診の受診回数(14回)のパターンです。私の場合、出産にかかった費用合計(自己負担額)は、約32万円でした。結構高かったですね。内訳をご紹介します。

 

①妊婦健診費用(自己負担額)

妊婦健診を14回受診し、妊娠健診費用の自己負担額(助成券利用後)は31,200円でした。助成金があっても、一部は自己負担となるので注意が必要です。

内訳はこんな感じです。健診内容によって金額は異なります。1万円を超えた健診は、お支払いの時に驚いてしまいました!笑

 ①8週(4,300円)妊婦初期検査

 ②9週(200円)妊婦科での医師健診

 ③19週 (3,000円)スクリーニング

 ④21週(200円)医師健診・内診

 ⑤25週(2,880円)助産師外来・採血

 ⑥27週(3,000円)スクリーニング

 ⑦29週(200円)助産師外来

 ⑧31週(200円)医師健診

 ⑨33週(200円)医師健診

 ⑩35週(10,340円)スクリーニング・内診

 ⑪37週(200円)医師健診

 ⑫38週(3,100円)医師健診・NST・内診

 ⑬39週(1,400円)医師健診・NST・内診

 ⑭40週(2,000円)医師健診・NST・内診・超音波診査

 

②妊娠健診前の受診料

妊婦健診前にレディースクリニックで2回診て頂き、合計約18,000円でした。

一回目が約8,000円、二回目は産院への紹介状込みで約10,000円だったのですが、助成金がない分、やはり金額が高めですね。

 

③出産・入院費用

私は通常分娩だったのですが、出産一時金42万円を除いた自己負担額は約270,000円でした。こちらは全国平均よりも高いと思います。

こちらの記事に詳しくまとめておりますので、気になる方はご覧ください。

www.hatsumamayuki.com

 

私の出産に関するレポートはこちらです。

www.hatsumamayuki.com

 

④病院までの移動費(タクシー・電車)

私の場合ですが、病院へ行くためにタクシー1回(破水時)、電車14回利用したので、合計約8,000円でした。陣痛タクシーは予約しておいて本当に良かったです。

 

出産に関わる自己負担金は一部戻ってくる?

出産に関わる自己負担金は約32万円とかなり高額となってしまったのですが、医療費控除」という制度があり、一年間に支払った医療費(自己負担額)が10万円を超えた場合、確定申告で納めた所得税の一部が「還付金」として戻ってきます※所得金額が200万円未満の場合、所得金額の5% 

国税庁の医療費控除に関するホームページはこちらです。

 

ちなみに私も医療費控除の手続きを行い、約4万円戻ってきました! 確定申告の際には医療費の領収書が必要となるので、捨てずに保管しておきましょう。また、スマホで確定申告するとスムーズなので、マイナンバーを事前に準備しておくと便利です。

 

妊娠・出産に関わる自己負担金は想像より高かった

最後に私個人の感想です、出産に関わる費用は、国からの補助があるとはいえ、結構自己負担させるじゃん感じました。医療費控除により一部戻ってくるとは言え、そんなの数万ですし、やっぱり高いですよね。。

東京都はコロナ禍の出産応援事業で子ども一人当たり10万円相当の支援を開始しますが、小池都知事は「東京の出産費用は高い」と話しているそうですが、さいたま市も十分高いと思うんですよね。。

小池知事は「東京における出産の費用は、全国の平均と比べ10万円程度高い。経済的な支援を行い、出産を望む人に社会全体が応援しているというメッセージを送りたい」と話しています。

私の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。出産に関わる自己負担金がもう少し少なくなるといいなと感じています。